読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラねこ旅日記

ぼんやり村が産んだ「蒼き流星」ことドラねこが、旅の話やランニングについて語るブログ

万治の石仏で万治オーライ!信玄の秘湯もねっ!の巻。

スポンサーリンク

ドラねこ長野万治の石仏

【目次】

 

ちわ!おいさんです。(=´▽`=)ノ

みなさん一人旅してますか?

 

「一人旅・前半戦」3日目

今回も長野・諏訪からのお話です。

物語はその時の様子から始まります。

スポンサーリンク

長野観光7 謎の巨石・万治の石仏!

f:id:Doraneko1986:20141016131438p:plain

さて、諏訪大社の4つの社を回った時点で今日の目的は達成された。

今日一日、これからどうしたらいいだろう?

あとは温泉にでも入って時間を潰そうか?

f:id:Doraneko1986:20141016131500p:plain

そう思って歩いていたら変わった案内看板が目に入った。

 

「万治の石仏。すぐそこ」

 

(・∀・)「まんじのせきぶつ……?…ナニコレ?」

何のことだかサッパリわからない。

しかし、ワシにはよくわかない興味がふつふつと湧き上がった!

 

どうせ暇だし旅の思い出話になるかも……行ってみよ(*´∀`*)

というような軽いノリで万治の石仏なるものを見に行くことにした。

思わぬ道草を食うことになった。まぁこれも旅の醍醐味だと思おう。急ぐ旅でもなし。これくらいいいっしょw

 

果たして万治の石仏とは?

小ぶりの雨の中、看板を頼りにひたすら歩く。

すると見えてきた。あれか!

f:id:Doraneko1986:20141016131510p:plain

うわぁ川が流れてる。風流なトコだなぁ…(*´∀`*)

f:id:Doraneko1986:20141016131520p:plain

なんかそれなりの赤い橋もかかっているし、一体この先にどんなものがあるんだろう?

f:id:Doraneko1986:20141016131531p:plain

その景色に見とれて歩いていると、朱塗りの橋までたどり着いた。

f:id:Doraneko1986:20141016131550p:plain

なんだか京都っぽい。(〃∇〃)

f:id:Doraneko1986:20141016131600p:plain

さらにどんどん突き進んでいくと広い場所に出る。

おみやげ屋さんだ。

おみやげ屋さんには色々な万治の石仏にまつわるものが売っていた。

横をふりかえって先を歩いて行くと、いよいよ今回の目的のアレが目に入った。

 

万治の石仏

f:id:Doraneko1986:20141016131611p:plain

「うわぁ…なんだあれ?

でっかい石像が置いてある。アレが万治の石仏か?」(;´∀`)

f:id:Doraneko1986:20141016131625p:plain

万治の石仏(まんじのせきぶつ)とは、長野県下諏訪町東山田字石仏にある石仏である。下諏訪町指定の文化財である。

「万治」という名の由来は万治3年(1660年11月1日(石仏の胴部に刻まれている。他に「願主明誉浄光・心誉廣春」と刻まれているがこの二人は僧籍にも見当たらない)に造られたとされるところによる。

伝説によると、諏訪大社下社春宮に石の大鳥居を造る為にこの石仏を材料にしようとを入れたところ(その鑿は現存している)、傷口からが出てきたため職人達は祟りをおそれ、その晩に職人達が夢枕で上原山に良い石材があるという夢を見て、その山に行き探したところ見つけることが出来職人達はこの石仏を阿弥陀如来として祀った。

それに因んでこの辺りの地名は石仏となっている(住所としては載っていない)。この石仏は芸術家岡本太郎が訪れて大絶賛したことにより有名となった。ほか新田次郎も賞賛している。

こちらが万治の石仏。何、この奇妙な石。(;´∀`)

f:id:Doraneko1986:20141016131638p:plain

ナゼこんな風にここに置いてあるのか。

パンフレットにはこう書いてあった。

「諏訪大社下社春宮の旧参道脇にある不思議な石仏。胴石に1660年(万治3)の銘がある。春宮の鳥居を造る際、この石にノミを入れたところ血が流れ出し、 驚いた石工が霊の宿る石として阿弥陀如来を祭ったという。

高さ2mの自然石の上に小さな頭がのった石仏で、画家の岡本太郎が「こんなにおもしろいものは見たことがない」と話したことから観光客が訪れるようになった。」

ほー、なるほど。ふ~ん、血が出る石ねぇ。(;´∀`)

おまけに「この石の周りを歩いて自分の体の調子が悪いところを触ってお祈りすると病気や怪我が治る。万病に効く石!」

 

ホントかい?Σ(゚д゚lll)!

 

よ~し、ならわしのを治してもらおうじゃないか!

分杭峠ではイマイチその気場の効果を実感しなかったワシが、この石仏のチカラを借りて慢性的な腰痛を完治してもらおう!

 

グルグル…グルグル…ぱんぱんっ!ナムナム…(-_-;)

f:id:Doraneko1986:20141017201144p:plain

岩の周りを回りながら腰痛快復の祈願を何度も行う。

よ~しいっぱい祈ったぞぉ!これでいいだろう!

ついでだからおみやげも買った。

万治の石仏の赤いアルマイト加工したタグ。500円。

 

お守り代わりになるのかしら?(;´∀`)

 

信玄の秘湯・毒沢鉱泉

そんな感じでもう万治の石仏を見終わったわしは、またヒマを持て余してしまった。

せっかく諏訪に来たんだから今度はもうそろそろ今度は温泉に入ろう。

時間もあれだし、そろそろひとっ風呂浴びたいぞ。

ワシは長野に来てまだほとんど温泉に入っていない。

昨日のYHで入ったアレはなんだか温泉っぽくないのでノーカウントだ。

 

どこかイイとこはないかしら。

そんなことを考えながらあたりを歩いていると、また一つ看板が目に入った。

 

「信玄の秘湯!毒沢鉱泉。この先すぐ」

 

わし「ど、どくざわこうせん?…ナニソレ?」(・∀・)

 

信玄の秘湯と書いてある。

と、いうことは武田信玄も入ったってことか?

それにしても「どく」って…あの、「どく」ナンデスカ?( ;∀;)

それって体にいいの?

またまた思いもよらぬ興味がむくむくと湧いてきた!

 

よし!行ってみようじゃないか!

今さっき石仏で毒を出したばっかだけど、その温泉で毒を再び浴びてやろうじゃないかwww! 

ということで、またまた雨の中を看板を頼りに歩き出す。

そうこうしながら歩いていると急な坂道が多くなってきた。

雨でカッパがベトつく中、大変な思いでその坂道を登っていく。

 

ハァー!ハァー!!心臓が破れそうだ。

まだかその毒沢鉱泉は!!(;´Д`)

 

かなりの距離を一人、坂道を登ること一時間。やっとその毒沢鉱泉が見えてきた。

この辺りには毒沢鉱泉と呼ばれる温泉が出る外湯が二つほどある。

麓の方の毒沢さんはなんか外観が汚いので、もう一つの上の方にある毒沢鉱泉に入ってみよう。

 

毒沢鉱泉 神乃湯

これか!これは…確かに秘湯だわ。

あたりを見回して一人そう心のなかで思う。

秘湯つーか、そう言わなきゃ誰も来ないだろ。

 

さっそく中に入ってみる。

中は昔の和風の作り。玄関には囲炉裏まであってなんとなく趣がある。入場料は700円とちょっと高め。そして中に入ってみると、

f:id:Doraneko1986:20141211150413p:plain

うわっ、こ、こんだけ!?

なんと、大人が四人やっと入れるくらいの檜風呂が一つあるばかり。

窓の外は断崖絶壁の林が望め、横のドアから外のテラスに出てその景色を拝めるのだ。

 

「…………(゜o゜;」ボーゼン

 

わし以外にお客は3人入っているだけ。とりあえず、体を洗って浴槽に入ってみる。

 

うわっ!何だコレ!このお湯クセェ!!(;´Д`)

 

お湯は赤茶色く、鉄サビのような匂いがする。

「そのお湯のくせぇこと、風の如し」である。

風林火山かっ!!!・・・・・・せっかくだからこのすごい匂いのお湯を飲んでみる

 

「……マズイ」(TOT)

 

味もそのまんま濃い鉄の味だ。

ワシも結構色んな温泉に入って来たが、こんなに匂いがきつく、味がマズイお湯は初めてであるw

その分ここのお湯は成分が濃く効きそうだ。*1

 

ここ毒沢鉱泉の温泉は殺菌力が高いため、お湯に浸かると、刀傷などの切り傷のまわりの菌が死んで、傷の治りがはやくなるという。

(なるほど、これが信玄の秘湯か。確かにこのお湯は昔の刀傷には効くだろうな。^_^;)

 

しかし、この湯はレジャー感ゼロの渋いお湯。

それは完全に湯治場感覚の温泉であった。

しかし、それでも700円でこれか。浴槽が一つしかないのはなんだか損した気分。せっかくだから長いこと入っとこ。(*´∀`*)

 

それから結局、2時間くらいその湯に浸かっていた。(溶けそうだった…)

 

こうしてまたきた道を諏訪の駅まで引き返す。これが思いの外、大変で非常に疲れた。

その後、松本市の一歩手前の村井駅に降りる。ここが今日の宿だ。

 

村井駅

f:id:Doraneko1986:20140116170504j:plain

村井駅(むらいえき)は、長野県松本市村井町南一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)篠ノ井線である。標高628.8メートル

ここが村井か。

今日は泊まる場所にお金をかけれないから、ここから歩いて漫画喫茶を探さなくてはならない。

こういう時、言い得ぬ寂しさを感じるのは何故だろう?

ナイトパックが始まるまで間、わしは夜の街をひたすら歩いて時間を潰した。

有り難いことにここらへんは交通量も多い繁華街みたいなところだから、10時までやっているショッピングモールなどもあって時間を潰すには持ってこいだった。

 

スポンサーリンク

漫画喫茶で一泊 

10時を過ぎたので漫画喫茶に向かう。

ここは一泊1200円で8時間泊まれるので非常に安上がりに済む。貧乏バックパッカーには漫画喫茶は有り難い宿泊施設だ。

f:id:Doraneko1986:20141017201228p:plain

こうして、雨の中朝から歩いてきたこの日は漫画喫茶で寝た。

初めての漫喫での宿泊。

周りの音など気にならずにその日は泥のように眠った。

 

doraneko-travel.hatenablog.jp

 

*1:後で調べてみたらこのお湯は長野でもここしか出ない特別な成分のお湯だとのこと

スポンサーリンク

Copyright (C) 2013-2017 Doraneko All Right Reserved.