読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラねこ旅日記

ぼんやり村が産んだ「蒼き流星」ことドラねこが、旅の話やランニングについて語るブログ

気づいてみたらもうすぐ夏休みw

ランニング
スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/32132568@N06/6994642795

photo by Billy Wilson Photography

 

ランニングについて語ること23

ちわ、おいさんです。

みんな元気に走ってますか?

 

今朝も朝早く走ってきました。

朝早くから走る早朝ランニングは気持ち良いですねw(*´∀`*)

今回は一年前に書いた夏休みの時季に遭遇したある場面について語っています。それではどうぞご覧ください。

ほしい物リスト公開中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

早朝ランニングとラジオ体操

今日は早朝ランニングで久しぶりにミドルコースを走った。

 

わしは最近早朝ランニングを心がけている。

それまでは4時〜6時の間にランニングをしていた。

しかし今ではその時間帯も気温が上がって非常に走りにくい。

夏の暑い時期に走る場合は要注意である。

それは熱中症だけではなく、夏のランニングの疲労は徐々に蓄積され、

なかなか解消されないという。

 

そしてその疲れは秋の涼しくなって来た時期に現れるという。

なのでわしはランニングを早朝に行うようにしたのだ。

しかし、わしは朝早くランニングをすると、

高確率でゲーリーに遭遇するという記事を以前書いた。

doraneko-travel.hatenablog.jp

そんなことを恐れつつ、今日もまずは腹具合を確認してランニングに繰り出す決断をした。

 

今日は月曜日、あれ?今日はやけに涼しいな?昨日の暑さがウソのようだ。朝の6時から支度をし、さわやかな空気の中に飛び出す。

 

ラジオ体操を見かけて 

しばらく走っていると、道路の向こうから子どもたちがちらほら歩いてくる。

はてな?(;´∀`)

いつもはこんな時間に子供なんて見かけないけど、今日はなにかあるのかな?

そう思って子供を眺めて見ると、みんな一様にクビから何かカードのようなものをぶら下げている。

 

わかった!ラジオ体操だ!

そうか!夏休みだから、みんな朝も早よからラジオ体操に繰り出しているんだ。

 

懐かしいなぁ……おもわず懐かしさがこみ上げた。

わしも昔はあの子らみたいにラジオ体操に駆り出されていたなぁ……。

なんであんなもんに駆り出されなくちゃいけなかったんだろう?

当時、わしはラジオ体操が大嫌いだったなぁ(*´∀`*)

 

夏休みになんで朝早くからこんなことしなくちゃいけないんだ!

ホント家に帰って寝てーよ!そう思っていたw

それが今では早朝から進んでラジオ体操よりツライ、ランニングをするまでになるとはw

人は変わるものだなぁ…(;´∀`)

 

今ならラジオ体操、進んでやってみてもいいもんなぁ

・・・あれって体にいいんでしょ?

少し興味があるんだけど、子どもたちに混じって一緒にやる勇気はないなぁ(;´Д`)

 

早朝ゲーリー

そんなことを考えつつ、いつものミドルコースを駆け抜ける。

しばらく行くとあちこちからカードを持った子どもたちがぞろぞろ出てきた。

 

うわぁ、こんなにいるんだ。

その横を駆け抜けるのがなんだか恥ずかしかったw

なんか運動しているだけなのに悪いことしているみたいだ。

最近は子どもたちに悪さをする大人が増えているからか、あんまり子供をじろじろ見ていると田舎といえども怪しまれる

 

ホント、嫌な時代だw

そんなことを考えつつ、久しぶりのミドルコース(10km)を途中まで走ることができた。やはり久しぶりのミドルは足に来る。

しかしそれ以上に心配していた、早朝ゲーリーに見舞われずにすんでホントよかった。

朝早く水を飲んで走りだすと決まってお腹がいたくなるんだよねぇ。

 

しかし幸いなことにここまではお腹が痛くなることもなく走り抜けた。

もうコースは終盤、後はこの堤防を走りきってしまったらあとは1kmで終わりだ。

 

ところが、それまで順調だった腹具合も、堤防を超えて残り1kmのところで急に痛くなってきた。

やべ、これはぼさぼさしていたらとんでもないことになるぞ!

思わず冷や汗が背中を伝い、ゆっくり歩いていた足をフル回転させて家路に着いた。

着いた所でいよいよハライターもピークに達し、わしはピンチを切り抜けた。

 

夏の暑い時期にランニングをする場合は、早朝をおすすめする。(ただしゲーリーには気をつけて)

 

doraneko-travel.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

Copyright (C) 2013-2017 Doraneko All Right Reserved.