読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラねこ旅日記

ぼんやり村が産んだ「蒼き流星」ことドラねこが、旅の話やランニングについて語るブログ

朝ランはハライターに気をつけろ!マジでヤバイことになるぞ!!

ランニング
スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/32802109@N04/6862603735

photo by jacsonquerubin

 

ランニングについて語ること21

ちわ、おいさんです。(*´∀`*)

みんな楽しくランニングをしているかい?


今日は仕事も休みということで、朝早く起きてランニングをしてきました。

そこで今回は、朝のランニングについて語りたいと思います。

ほしい物リスト公開中!
f:id:Doraneko1986:20140213211017p:plain

朝のランニングの盲点

レプタイル

ビブラムを履いて朝の爽やかな空気の中へ走り出す。

久しぶりのランニングで、久しぶりの早朝ランニングだ。

今日は朝から蒸し暑く、休みだというのに朝早く目が覚めたので、せっかくだから早朝ランニングをしてみることにしてみた。

 

通称・朝ラン

久しぶりの朝ランは、心配していた足の運びも快調に滑り出し、山の上から近くの堤防向かって5〜10kmのミドルランに挑戦だ。

前も言ったがわしのiPodは今壊れていて、距離を測定することが出来ない。でもいつも走りこんでいるコースなので大体の距離は体感でわかる。

 

朝も早いということもあって、堤防の上の絶好のランニングコースは人通りも無く、暑すぎず寒すぎない快適な気温の中、自然と足は早くなってしまう。

久しぶりのランニングで足を傷めないように、着地する時の足に意識を集中して、ブロネーションスピネーションを起こさないように足を運ぶ。

 

以前4月のランニングで再発した足のねんざは、どうやら完治していたらしい。

5月の間はほとんど走らず、絶好のランニング日和の日々を窓から指をくわえて見ていた忍耐の時から今やっとむくわれたのだw

走り方もなるべく膝を傷めないように、膝に負担がかからない内股気味で、つま先立ちの格好で走っていく。

しかし、少し行ったところでふくらはぎが痛くなってしまい、すぐに普通の走り方に戻ってしまうw

 

おかしいなぁ・・・

前はこの走り方で15km走っても足なんか痛くなかったのに。

二ヶ月のブランクで確実に衰えてるなぁ(;´∀`)

 

そんな緩やかな身体の衰えを実感し、折り返し地点を曲がって堤防を下って普通の車道に進み出る。

そろそろこのくらいの時間になると、仕事に繰り出す車が若干慌ただしく道路を行き来するようになる。

 

朝もはよから参拝して

まぁそれでもあんまり気にせず走りだし、

途中、今年の初詣で寄った神社にお参りする。

ここに来るのは久しぶりだなぁ。(*´∀`*)

 

境内の清々しい空気を胸いっぱいに吸い込みながら、石畳の長い階段を登っていき、本殿で手を合わせた。

 

ほんの小さなことだけど、早朝から神社を参拝させてもらえるというのは幸せなことだな(*´∀`*)

そんな細やかな幸せを噛み締めつつ、また道路を走りだす。

 

少し走った所で、急に腹が痛くなってきた。(;´Д`)

げっ!まいったなぁ。

こんなときに腹が痛くなるとは……(;´Д`)

この辺りは田舎でトイレもないし、家に帰るまで我慢するしかない。

漏らしたら大変だ!

 

こうしたことは早朝ランニングをするとよく起こる。

朝から水をゴクゴク飲んですぐに走り出すため、その時の水分が今になって腹の方に降りてきてゴロゴロしだすのだ。

 

前もこのような目に再三あっていながら、またしても今日なってしまうとは……久しぶりの朝ランとはいえ学ばないものである。 

腹の痛みに耐えかねて歩幅をゆっくりにして歩き出す。

すると、今度は逆に更に腹が痛くなってくる。

 

脂汗をかきながら

脂汗をかきながら走って来た坂道を急いで帰る。

 

歩いていると腹が痛くなるのでなるべく走って急いで家に帰る。

早く!早く!こんなところで漏らしたら大変だ!

もう足はだいぶ動かなくなってきたけどなんとか早く家に帰りたいがために重い足を引きずって心臓破りの坂を登っていく。

 

全身から汗を吹き出しながら、

なんとか痛い腹を抱えなて漏らすことなく無事、家路に着いた。

トイレに入って我慢し続けていた用を足す。

はぁ・・・よかった。(;´∀`)

おかげさまで漏らさずにすんだ。

まさかあんなところで腹が痛くなるとは。

今度から朝ランする時は気をつけよう。

 

こうして、朝ランのリスクを再確認したわしなのでしたw

みんなもハライターに気をつけようね(*´∀`*)


doraneko-travel.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

Copyright (C) 2013-2017 Doraneko All Right Reserved.