読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラねこ旅日記

ぼんやり村が産んだ「蒼き流星」ことドラねこが、旅の話やランニングについて語るブログ

地獄の分杭峠の攻略法3 万病に効くゼロ磁場の水の巻。

スポンサーリンク

ドラねこ長野分杭峠3

【目次】

 

ちわ!おいさんです。(=´▽`=)ノ

みなさん良い旅してますか?

 

「一人旅・前半戦」2日目

今回も長野・分杭峠のお話です。

物語は凍える山の上から始まります。

スポンサーリンク

長野観光3 地獄脱出!わしに起きた奇跡

眠れなかった。

 

マイナス8℃の極寒の中、冷気を防ぐ扉もない、みやげ物を売る小屋で、寒さに震えながらわしは自分の人生を振り返っていた。

 

どうやらここで終わりらしい。

 

ワシの短い人生は、この人里離れた分杭峠(ぶんぐいとうげ)で幕を閉じるようだ。ああ!こんなことならもう少し親孝行をしとけばよかった!今までの人生が走馬灯のように駆け巡る。

 

そんな時だった…

どこかで車の音が聞こえた。

そしてあろうことか、車がこちらに向かってくるような音の響き方をしている!

そして、わしが寝ていた小屋に明かりが差し込んだ。

 

「まさかっ!」Σ(゚д゚lll)

急いで小屋から出ると、一台の車が入り口の前で止まっている。

こちらを向いたライトが非常に眩しい。

f:id:Doraneko1986:20140822134703p:plain

ワシは急いで一目散に車に駆け寄ると、怪訝な表情をしたオバちゃん4人が凍りついたような顔でワシを犯罪者かなにかのように見つめている

 

オバちゃん「・・・・・・!Σ(゚д゚lll)」(かなり驚いた表情で)

 

無理もない。

暗闇の中から得体のしれない男が、人がいるはずもない山の中からいきなり現れたら、誰でもかなりびっくりしただろう。

 

ワシ「あ、あの…!す、しゅぃマしぇん!(´;ω;`)」(←さむくて声にならない)

オバちゃんA「…は、はい!Σ(゚д゚lll)」(明らかに四人怯えた表情で)

ワシ「あ、あのワシ怪しいもんじゃにゃいんですけど、

あ、あの……(寒さ感動でなかなか声にならない)

……よかったらワシを下まで乗っけてってもらえませんか?」

オバちゃんB「下までって…私たちこの先の気場の水を

朝になったら汲んで帰るつもりなんだけど…」

ワシ「!?Σ(゚д゚lll)ガーン!

やっぱりここにはそんな場所があるんですか?」

オバちゃんA「ありますよ、この先に。今は暗くて先に行けないけど」

オバちゃんC「私たち朝になったらそこに行って水を汲んで帰るの。」

ワシ「あの…よかったらわしも、そこまで案内してもらえませんか?」

オバちゃんD「いいけど……(;´∀`)

お兄さん、どうやってここまで来たの?」

ワシ「えっと……あ、歩いて(;´Д`)

 

オバちゃん一同「歩いてぇっ?!Σ(゚Д゚;エーッ!

 

ものすごい大きな声で驚かれたw

 

オバちゃんA「私ら10年くらいここに来てるけど、

歩いてここまで登ってきた人初めて見たっ!(゚д゚lll)

 

うう…やはりここは

歩いてくるようなところじゃないんだ(´;ω;`)

 

オバちゃんB「ここは朝になるとシャトルバスしか通れなくなって、

大勢の人たちが詰めかけて大混雑するのよ。

私たちはそれが嫌で、ホントはダメなんだけど、深夜にこっそり来て、朝になったら一番に水を取ってすぐに帰るの。そうすれば混雑しないから」

ワシ「そ、そうだったんですか……((;゚Д゚)

オバちゃんC「いきなりあんな小屋から、ガザゴソと大きな黒い影が現れたから、びっくりしたよっ」

ワシ「うう・・・スイマセン、(´;ω;`)

すいません驚かすつもりじゃなかったんですm(_ _)m」

オバちゃんA「まぁいいや。

私らもここで朝になるまで待って水を汲みに行こうと思ってたから、

いいよ。朝になったら起こしてあげるよ(;´∀`)」

ワシ「ホ、ホントですか!Σ(゚д゚lll)

…あの、できたら、その……も、毛布かなんか貸してもらえないでしょうか?さ、寒くて……(((((((( ;゚Д゚))))))))」

オバちゃんD「え?ああ、毛布?!(゜o゜;

ちょうど1枚あまりの毛布があるからこれ貸してあげるよ!」

 

と、親切にも毛布を貸してくれる親切なオバちゃん。

 

ワシ「あ、ありがとうごじゃます!(´Д⊂グスン」(←泣きそう)

うう…よかったこれで死ななくてすむ。

ワシは一人じゃない!

 

なんて優しいオバちゃんたちなんだっ!!

オバちゃんたちがこの時ホントに天使に見えた!

 

この世の中にはいい人たちがいる!!!

 

早速、いただいた毛布を寝袋にいれ、

暖かい毛布に包まれながらやっと、うつらうつらしだした…

 

五時頃。車のバタンというドアの音で目が覚める。

「!?…もう、朝か・・・?」

眠い目をこすりながら外に出て見ると見事な朝焼け。

 

パワースポット・分杭峠の効果!

f:id:Doraneko1986:20140731190217p:plain

その後もうつらうつらしながらも、やはり寒いためほとんど一睡もせぬまま、世が明けた。

 

「おおっ!朝があけた!

やったぁ!生きてるぞぉっ!!!(´;ω;`)」

 

小屋から外を見下ろすと遠くにぼんやりと朝日が登っているのが見えた。

f:id:Doraneko1986:20140822134632p:plain

ワシは、なんとかこの極寒を生き残ったぞぉっ!

すると、車の中から起きだしてきたおばちゃん達がこちらに歩いてきて話しかけてきた。

 

オバちゃんD「お兄さん、凍えなくてよかったね。(*´∀`*)」

ワシ「はいっ!ホントに…ホントにありがとうございます(´Д⊂グスン」

 

わしは、この時の素晴らしい朝日を

一生忘れることはないだろう。

 

こうして朝から親切なおばさんたちの元、昨日見つからなかったゼロ地場の場所を目指すことになった。

 

ゼロ磁場

f:id:Doraneko1986:20140731190252p:plain

昨日の時点では気づかなかったけど、こんなとこに水が取れる小川があったんだΣ(゚Д゚;

f:id:Doraneko1986:20140731190313p:plain

けっして小さくはないけど山から出る水が川になって溢れ出ていた。

これが通称・ゼロ磁場の水だという。

f:id:Doraneko1986:20140731190325p:plain

おいおい、下はやっぱり深い谷だぜ…

昨夜、知らずにココらへんを歩いていたら、奈落のそこに真っ逆さまだったかもしれない。

f:id:Doraneko1986:20140731192429p:plain

そう思うと、背筋が凍りつく思いだったw

f:id:Doraneko1986:20140731190342p:plain

さっそく水を汲んでみる。

うう・・・水が冷たい。ほんとにこんなの飲めるのかな?

恐る恐る汲んだ水を飲んでみる。

f:id:Doraneko1986:20140731191612p:plain

おばちゃん「どう?おいしいでしょ?」

ワシ「……うまい(気がする)……です。(-_-;)」

おばちゃん「でしょ?この水はいろんな病気に効果かがあると言われていて、特別な気が含まれているから汲んでから一年たっても腐らないんだって」

わし「一年も!・・・ホントですか?Σ(゚д゚lll)ガーン!」

ちなみに、一年間は汲んだあとも腐らない水というのは確かに存在するらしい。

名水の街・松本の水もその類の水で、一年は防腐剤ナシでも長持ちするという。

 

わしは冷えた体に鞭打ちながらもゼロ磁場の水をたらふく飲んだ。

これで本当に腰痛が良くなるのだろうか?

ちなみに味は、あまりにも寒かったのでよくわからなかった。

f:id:Doraneko1986:20140731192402p:plain

わしはおばちゃんたちに、長年腰痛を患っていること、そしてそれを治すために昨日一日頑張ってここまで来たことを告白した。

わし「あの、そんな風に腰痛を治すチカラがここには本当にあるんでしょうか?」

おばちゃん「ああ、そんならたくさんあるよ

腰痛だけじゃない。ここに来て体が軽くなったっていう人の話は

たくさん聞いてるよ(*´∀`*)」

 

そう言うと、口々におばちゃんたちはこのゼロ磁場で身体の不調がよくなった人たちの話をしだした。どうやら、あの噂は本当だったらしい

 

おばちゃん「ちなみにそこにベンチがあるでしょ?」

おばちゃんたちが指差す方を見ると確かにベンチが見える。

f:id:Doraneko1986:20140731190716p:plain

おばちゃん「あの木の下はここらへんで特に濃い気が流れている場所と言われていて、あそこにしばらく座っていると、お兄さんみたいに腰が痛いとか足が痛いとか身体の節々が調子悪い人には効果があるみたいよ(*´∀`*)」

わし「ほんとうですか!じゃあ是非座ってみよ!」

 

わしは荷物を横に置くとその場にしばらくじっと座っていた。

f:id:Doraneko1986:20140731192335p:plain

おばちゃん「しばらく座っているといいよ。この木の下は特に良い気が集まるって有名なところだから」

わしはベンチの後ろを見上げるとそこには、どう見ても今にも枯れそうな一本の木が立っているのが目に入った。

しかし、不思議なことにこの周りにはこれ以上の太い木はなく、これだけが立派に立っている。

 

本当にこの木から良い気とやらが出ているのだろうか?(;´∀`)

 

その後もしばらくその場に居続け、30分後にはおばちゃんたちの車に乗って峠を降りることができた。

 

峠から無事帰還

f:id:Doraneko1986:20140731190355p:plain

その後、一緒に車に乗せてもらい、近くの道の駅で朝ごはんをご馳走になる。おばちゃんたちはこの日のために自分たちでお手製の朝ごはんをこしらえていたらしい。

わしにも幾つかのサンドイッチインスタントの味噌汁を分けてくれた。

 

(な、なんてやさしいオバちゃんたちなんだ(´Д⊂グスン)

 

こんなに上手い朝ごはんはなかった。

昨夜は凍死寸前だったこともあり、口に含んだインスタントの味噌汁が今までに食べたことのない味がした。わしはこの時、自分が本当に生きていることを実感した。

 

朝飯も早々に終わると。

オバちゃん「私たちこれからを見に行くんだけど、お兄さんも行く?」

と切り出した。唐突な提案にわしは、

わし「え?い、いいんですか?!ボクなんかがついていって(゜o゜;」

おばちゃん「いいわよ。すぐそこの高遠城の桜が今見ごろだって言うから今日は見に行こうと思っていたのよ。

どうせ駅までのついでだし、一緒に行きましょう。(*´∀`*)」

 

なんとおばちゃんたちは、あろうことかわしを分杭峠からここまで送って、しかも朝飯を振る舞ってくれたことだけでは飽きたらず、

わしをここから車で運んで高遠の桜を見せてくれるという!

 

(ど、どこまでも優しいオバちゃんたちなんだ!(´;ω;`)

 

こうして、わしは親切なオバちゃんたちと全く予定になかった高遠城の桜を見に行くことになった。わしは心の中で何度もお礼を言った。

 

ありがとう、おばちゃん、こんなろくでもないオレにこんなにも親切にしてくれて。

こうした思いがけない人たちの出会いハプニングは大切にしたい。

決して忘れることのできない旅の暖かい思い出であるから。

 

次回は、高遠の桜について語っていこう。

 

 

doraneko-travel.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

Copyright (C) 2013-2017 Doraneko All Right Reserved.