読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラねこ旅日記

ぼんやり村が産んだ「蒼き流星」ことドラねこが、旅の話やランニングについて語るブログ

初めての市民プール。水泳はじめますたw(*´∀`*)

スポンサーリンク

ビュー(VIEW) FITNESSゴーグル ブラック BK V610

【目次】

水泳について語ること1

ちわ、おいさんです。

季節はすっかりスポーツの秋ですね(*´∀`*)

 

そんな身体を動かすには最適の季節にわしは、

 

水泳始めましたー! ヽ(=´▽`=)ノ

 

というわけで、今回から始まりました「水泳について語ること」 

わしが水泳を始めるに至った経緯を書いていきたいと思いますw

スポンサーリンク

水泳始めましたw

WantDoゴーグル 水中 メガネ 曇り止め+紫外線防止 水泳 水泳 競泳 ケース付き 水着によく合う(ブラックレッド)

ナゼか泳ぐことになった。

理由は簡単。スポーツの秋で走りやすくなったといえども最近は不安定な天候が続き、思うように身体を動かす機会に恵まれていないからだった。

そこで、近所の市民プールに泳ぎに行くことにした。

日頃運動不足で定年退職後はずっと家に引きこもっている親父も連れてである。

 

初めての市民プール。

そこは全面ガラス張りでできたけっこう大きな近代的な建物であった。

こんなデカイ建物で水泳なんて一体いくらとられるのかしら?とビクビクしながら入ってみると、大人一人は1回560円。

70歳以上は半額で入ることができるという。

 

喜んでオヤジの分は半額で払い、いざ中へ。

更衣室で着替えるとシャワーを浴びてさっそくプールに向かう。

中に入ると平日だってのに結構多くの人が昼間っからバシャバシャ泳いでいた。

 

「この人たちはみんな暇人なのかしら(;´∀`)」

 

一抹の不安を抱えながらも(大きなお世話だw)わしらはさっそく泳ぎだす。

目標は2時間くらいを目安に2000mは泳いでみよう。

昔、小学生の頃は水泳部活なんてのが夏になると絶対にあって、半強制的に泳がされたもので、いつも2000mくらいは軽く泳いでいたものだ。

 

必死の2000m

そんな過ぎ去った若かりし日々を思い出しながら水面に浸かると、まずはじめに徐ろにクロールし始める。

しかし、25mを泳ぎ切ったところで左肩に違和感が。

 

そう、久々のクロールでどうやら型を痛めてしまったらしいのだw

 

なんてこった(;´Д`)

いきなり身体に無理をさせたから負担が肩にかかりすぎてしまったじゃないかw

反省しつつもそれからはゆっくりと平泳ぎで泳ぐことにする。

これなら肩に負担はかからないが、進むのが遅いのが玉に瑕だ。

 

まあいい。時間はたっぷりあるんだ。

これは学校の授業じゃない。競争じゃないんだから好きな様に泳げばいいさw早く泳ぐことよりも如何に水と馴染めるかを意識してゆっくりと身体を動かしてみようw

 

そんな風に身体を動かしていると、あっさりと500mを10分くらいで泳ぎ切っていた。

 

ジャグジーやジェットバス、はたまた打たせ湯まで付いている

それにしても最近の市民プールはすごい。

わしの行ったプールには普通の25mプールの他にジャグジーやジェットバスがあるリラクゼーションプールなるものも併設されていた。

他にも奥には打たせ湯なんかも備え付けられていて、これだったら普通のスーパー銭湯じゃないか!

しかもそれが普通のスーパー銭湯よりも遥かに安い金額で入ることができるなんて、これは腰痛持ちのわしには来ないわけにはいかないじゃないかw

 

そんな感じで、25mプールに入って500mを泳ぐとリラクゼーションプールに入って身体を疲れを癒やし、またしても25mプール500mを泳ぐということの繰り返しで初日はなんとか2000mを泳ぐことができた。

しかし実際に泳いでみると足元フラフラの身体がダルくて如何に自分の身体が昔に比べて老いているのかがよく分かる1日だった。

 

でもとにかくこの冬はなんとか太らずに過ごしたいから、これからの時季頑張ってプールに通いつづけて体重を65kgまで減らそう。

ランニングは足に主に負担がかかるけど、水泳なら身体全体を鍛えられるはずだから。

 

スポンサーリンク

Copyright (C) 2013-2017 Doraneko All Right Reserved.