ドラねこ旅日記

ぼんやり村が産んだ「蒼き流星」ことドラねこが、旅の話やランニングについて語るブログ

上半身の使い方で劇的に走り方が変わる…のか?

スポンサーリンク

(テスラ)TESLA スポーツ KNEE タイツ [UVカット・吸汗速乾] コンプレッションウェア オールシーズン パワーストレッチ アンダーウェア【ランニング・サイクリング・トレ-ニング・サッカー・スキー・スノーボード・サーフィン・ ゴルフウェア】 P15-BLK-L

 

こんちわ、わしだよ。

クソ暑い梅雨時期だってのにランニングに精を出しちまうドラねこだよ。

 

みんなこんな時期に運動…してないよねw(;´Д`)

まぁそんなことはいちいち聴くまでもないだろうけど、とりあえず今週も無事雨にも負けずランニングができたのでその記録を記していくよ

走る回数が減っても

さすがに走れる回数が減ってきた。

雨が多いためである。雨の中でもカッパを着て走れば走れないことはないが、そこまでして走ると風邪を引きそうで、なんとなく勇気が出なくて走れていない。

 

どうしたものかと悩みながらも今週はいつもより回数を減らしたが、2回ほど走ることができた。

普段なら週3〜4回が当たり前だが、流石に梅雨時期はあまり走れない。

 

そんなランニングだが、走れない日が続いたということもあって最近ではもっと良い走り方はないものかと、走り方を研究している。

ラン×スマなどを見ていると身体を前傾姿勢にして体幹を使って走ることをしきりに強調していた。

なのでわしも実践してみることにw

 

体幹を意識するだけで走り方の負担が減る

体幹を意識した走り方は簡単だ。

まずが下り坂の坂道を用意して、そこを普段より前傾姿勢になりながら下っていく。その時足が身体の下にくることを意識して踏み出していくと身体が自然と前傾姿勢のまま走る感じがつかめる。

 

その後道が平らになったらさっきの感覚を意識して少し身体を前傾姿勢にして走りだす。

この時、ポイントは前傾姿勢になっているつもりで背中だけを丸めて走るのではなく、腹筋に力をいれて背中を丸めず上半身が倒れていくようにして走りだすことが重要だ。

 

これを何度かやっていると、だいぶ普段の走り方と違うことがわかってくる。

普段はわしはなんとなく背中を後ろに引きながら身体をまっすぐにして走っているが、それだと足の負担が多くて足の力で走ってしまう。

これだとフルマラソンでは足の力を使い果たしてしまって最後まで走り切ることはできないだろう。

 

だが、不思議にも前傾姿勢のまま走りだすと、足で走るのではなく体幹周りの筋肉で走っていることを意識すれば、足にあまり負担をかけずに結構な速さで走り切ることができた。

走っているときは腹筋や背中が張っている感じがしてツライが、足に意識を向けてみると全然負担がかかっていないことに気付く。

 

そう、これこそがきっと体幹を意識した走り方なのだ。

 

 今のところ、この走り方に慣れていないのでまだしっかりとコースのすべてで走りきれているか疑問だが、これを普段から意識して身体に覚えさせていけば、これまでよりもラクに走り切ることができるだろう。

 

doraneko-travel.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

Copyright (C) 2013-2017 Doraneko All Right Reserved.