ドラねこ旅日記

ぼんやり村が産んだ「蒼き流星」ことドラねこが、旅の話やランニングについて語るブログ

寒い日のランニング案内 気合で走れ!

スポンサーリンク

f:id:Doraneko1986:20161015182505p:plain

 

ちわ!最近は秋の風もめっきり冷たくなってきて、走っているとだいぶ辛かったりしますね。こんちわ、おいさんです(*´ω`*)

 

今週も気温的にどうかな~って思っていたんだけど、なんとか走れそうな日が一日あったんで、少し風邪気味の体を押しながらなんとか頑張って走ってみました。

 

ところでそんな過程であることに気づいたんだけども、 

今回はそんな寒い日のランニングについてのコツのようなものを語ってみたいと思います(*´ω`*) 

風邪を引くと思わなければ引かない!の法則 

正直、ビクビクしながら準備体操をしていた。

 

その日の気温はまだ10月の前半だってのにかなり肌寒く曇り空で、先日から少し風邪気味の体調を引きずりながら走ろうと決心していた。

 

「こりゃ、確実に今回風邪を引くな(;´∀`)」

 

と、ビブラムファイブフィンガーズに足を通す前から覚悟していた。

一応、上半身は着圧の低い長袖のランニングシャツを着て、下半身はハーフパンツ。

最近めっきり走っていなかったのでかなり体中の筋肉が落ちていることを感じていたわしは、この日、足を慣れさせたいがためにランニングタイツなしで走ることにした。

 

なので距離はいつもの半分以下、5kmといったところか。 

 

足がスースーするけど、しょうがない。

だがこれで風邪を引くのは確実になったな、と内心一人ごちながらいつものコースを走り出す。

 

しかし、その日は曇り空だというのにかなり気分がよかった。

いや、「気分が良い」というより無理やり「気分を上げていた」と言ったほうが正しいかもしれない。

とりあえずなんか良いことがこれから起こるかもしれない。これからこの先自分の人生にラッキーな出来事が起こるに違いない、というような感じで無理やり足を動かさないとなんだかその日の天気に負けてしまいそうな気がしたのだ。

 

そうなってくると、さっきまでの風邪を引くかもしれないという弱気な自分にわしは内心恥じた。

 

よーし、こうなったら何がなんでも風邪なんかひかん!(*°∀°)=3

風邪を引かずに必ず走りきってやる!! 

 

そんな思いを抱きながらいきなり走るスピードを上げて走り出した。

まるで、迫り来る予期せぬ不幸を振り切るように。 

 

結果……風邪引かなかった

少し興奮気味だったかもしれない。

きっと赤の他人がその時のわしを見たらちょっと変な人と思ったかもしれない。

 

ちょっと気合を入れながら帰りの折り返し地点をひたすら真面目に走り続けた。

それというのも風邪に負けるのがちょっと癪に障ったからだ。

毎回この季節になるとわしは風邪を引いていた。

なぜわしは毎回同じ時期になると同じ過ちを繰り返しちまうんだ?

もうそろそろそんな自分の体調も卒業したらどうだろう?

 

だからこの日はかなり気合を入れて走った。

というのも走るスピードを速くしたとかいう話ではなく、単に「風邪に負けるか!」という思いを抱きながら走り続けたというだけである。

 

それでも無事家路について、すぐに熱い風呂に入り、しばらくしてみたら大量の鼻水が出てきた。

あれ?やっぱり念力で風邪を避けようと思ったのが効かなかったかな?

そう思いながら、その日は床についた。

 

すると翌日、風邪で鼻か喉が痛くなっているのを覚悟していたわしは起き抜けから体がかなりチョーシが良いことに気がついた。

 

アレ?風邪引いたかと思ったのに引いてない。

これってやっぱり気合を入れて走れば意外と風邪なんか引かないのかな?

そうか、やはりわしは風邪に勝ったんだ!よっしゃーー!!

 

そう思いながら、重い体を起こしてその日一日の仕事に付くべく机に向かった。

筋肉痛で引きつった上半身を抱えながらw

 

スポンサーリンク

Copyright (C) 2013-2017 Doraneko All Right Reserved.