ドラねこ旅日記

ぼんやり村が産んだ「蒼き流星」ことドラねこが、旅の話やランニングについて語るブログ

暑いんだったら距離を短くすればいいんじゃない?

スポンサーリンク

コカ・コーラ アクエリアス エアーボトル 500ml×24本

 

結構、簡単なことだった。

夏のこの時期はあまりにも暑すぎて、走ることができない。

そんなことをここ最近ずっと書いてきた。

 

でもね、そんな悩みもあっさり解決する方法があるんだ。

それは走る時間帯を変えること。

当たり前だ!と言われそうだけど、その走るにちょうどよい時間帯を見つけるのがこの時期は非常に難しい。

 

そこで今回は真夏のランニングに最適な時間をご紹介しよう!

夕方6時以降がおすすめ 

以前はわしはほとんど夕方5時くらいに走るようにしていた。

 

だけどこの時期この時間帯で走ると、走ったことがある人はわかるようにえらい目にあうw

この時間帯はまだ空気も暖かいし、何よりもアスファルトに残っている熱が暑くて走っていると上と下からの板挟みに倒れそうになってしまう。

 

なので時間を一時間ずらして走ってみたところ、5時代よりも遥かに走りやすい。

だが、わし的には6時半くらいがちょうどよい感じがするのだが、この時間帯になると距離によっては帰って来る頃にはけっこう暗くなっていたりする。

まぁまだヘッドライトを使うほどくらいわけじゃないから、そこら辺はお住いの季節によって微妙に差があるのだろうが、7時から走ったらこれは完全にナイトランの範疇である。

 

距離を短く、細かく走る 

しかし夏場あまり走り込みすぎると、涼しくなってくる秋頃に疲れが一気にどっと押し寄せたりするのが心配だったりする。

これは毎年走り続けて自分の体力にあった夏ランニングの仕方を模索していった結果、それならいっそ距離を短くすればいいじゃないか!という結論に達したw

 

これまでは大体12kmとか8kmとかのロングコースとミドルコースをそれぞれ2日空けて交互に走っていたりした。

だがこれだとたまにランの間が3日空いたり4日空いたりとその時の体の疲れ具合で実際には2日に一度ロングとミドルを走りきるということはしてなかった。

ならば夏場はそれを辞めて、ショートコース5kmを2日に一度必ず走るようにしたらどうだろう?

 

これなら体の負担は減るし、それでいて体が訛りきることもない。

6時ごろの少々まだ残暑が残るアスファルトの上を走っていても、5kmだと思えば耐えられる。

 

そんなこんなでわしはこの夏は5kmを主軸に走ることにキメた。

たまにナイトランで12kmとか15kmとか走れば全体の運動量としてはそんなに落ちないだろう。

 

ということで今年は夏の暑さと上手く折り合いをつけながら体を鈍らせないように細かく走っていこうと思う。

 

これで秋に疲れがどっと押し寄せたりすることはないだろう。

……たぶん(;´Д`) 

 

スポーツ後におすすめな飲み物

スポンサーリンク

Copyright (C) 2013-2017 Doraneko All Right Reserved.