ドラねこ旅日記

ぼんやり村が産んだ「蒼き流星」ことドラねこが、旅の話やランニングについて語るブログ

萩は勇者が集う聖地か?幕末の聖地で出会ったすごい男とは?

スポンサーリンク

ドラねこ素晴らしき萩での出会い

こんちわ!おいさんです。(=´▽`=)ノ

みんな元気にしてるかい?

 

「一人旅・後半戦」5日目

今回は前回の島根県・温泉津温泉から電車で4、5時間揺られてたどり着いた山口県・萩を案内するよ(*´ω`*)

スポンサーリンク

山口観光1 幕末の聖地で出会ったすごい男

f:id:Doraneko1986:20160312172846p:plain

YH(ユースホステル)から城下町に出た。

 

ここは武家屋敷である。

萩には多くの武家屋敷が並んでいて、江戸時代には毛利氏が治める長州藩本拠地として幕末にはここは吉田松陰・高杉晋作・桂小五郎などの志士たちを排出した地なのだ。

f:id:Doraneko1986:20160312172854p:plain

実はわし、ここに来るまで全然そんなこと知らなかったw

ここに来た理由は一つ、山陰方面にここぐらいしかYHがなかったからだ。

f:id:Doraneko1986:20160312172902p:plain

それまでわしは連日、漫画喫茶に泊まってきた。この旅の初日以外はほとんどそうであった。

そんな生活を繰り返してきたせいか、いかんせん漫喫にも飽きた。

漫喫に泊まると背中と肩がすごく痛いし、いい加減そろそろどこかに泊まりたい。

そう思って調べたら、

もうわしの行く山陰の道筋にこの萩しかなかったのだ。

f:id:Doraneko1986:20160312172916p:plain

そんな萩のYHに着くとよくしゃべるおっさんがわしを迎えてくれた。

このおっさん、愛想よくしゃべるけどこっちの話は全く聞いていない。一人でしゃべるだけしゃべって一人で盛り上がっている一種の変人である。

 

それをのべつ幕無し聞かされるコチラは段々腹が立ってくる。

余計なことはいいから早くチェックインの手続きしてくれよ。

こっちは疲れてんだよ!(# ゚Д゚)っと、心の中で悪態をつきながら説明を聞いていた。

f:id:Doraneko1986:20160312172937p:plain

YHなんかに泊まるとよくこういった変人に遭遇する。

その割合はほとんどユースの主人に多い。

何故かよくわからないんだけどそうなのだ。

多分、社会で頑張って働いて来たんだけど、世間に馴染めなくて(個性が強いから)お金を貯めてユース始めました、的な人なんだろう。 

この宿の主人も、典型的な社会で暮らしていけそうもないアホそのものだった。

f:id:Doraneko1986:20131214183218j:plain

↑立派な門があるお医者さん。今でもやっているらしい。

 

こういう人に出会うと、

「大丈夫かな?この宿。変なおっさんのいるところにきちゃったな…(-_-;)」

と、こちらは心配になる。

 

しかし、こちらは泊めてもらう側

イヤなら泊まらなきゃいいじゃん、という声が聞こえてきそうだが、

萩にはわしみたいな貧乏バックパッカーが他に泊まるところはない。

漫画喫茶もない。 

なので、貧乏旅行の身の上としては黙っているしかない。

f:id:Doraneko1986:20160312173003p:plain

↑大きな門。萩の歴史資料館である。

 

こういうおっさんは大体気配りができない。

ましてやこっちは現代っ子。なるべくならドミトリーでもお客さんが少ないならそれぞれ別々に部屋を取って欲しいのに、十中八九ほかの旅行者と相部屋にされるのだ。

 

それを聞かされると、正直「またか…」という思いでこのアホウ(失礼)を内心毒づきながら案内された部屋に向かう。

しかし、まさかその案内された場所で、奇跡は起きたのだ。

f:id:Doraneko1986:20160312173012p:plain

↑萩の資料館の中。入場料を取られるので入らなかった(-_-;)

 

この萩のYHはいくつかの部屋がそれぞれの棟にわかれていて、中庭を渡って一番左のプレハブのような部屋に辿り着いた。

扉を開けて見ると部屋には十畳ほどの広さに4つの簡単なベッドと一つ大きなテーブルが置いてある。

f:id:Doraneko1986:20160312173018p:plain

↑縄文から歩いて行くと広い道が見える。

 

部屋には誰もいなかった。 

その内の一つにはもう荷物が、ベッドの横に青いカッパがかけてある。木で出来たロッカーの足元には、少し大きめなバッグと地図らしきものが置いてあった。それがこの部屋に先客がいたことを表す証拠だった。

それがT氏の荷物だった。

 

Tさんとの出会い

f:id:Doraneko1986:20160312173025p:plain

あ~あ、やっぱりホントに相方がいるのか、と少しがっかりしながら荷物を解いていると、宿のおやじが

「もうとっとと風呂に入っちゃってください。後の人が困りますから」

などとうるさく早めに風呂に入るように勧めてくる。

うるさいなぁ……どうせ泊まってる人なんか少ないんでしょ?(-_-;)

いやいやながらも風呂場に向かう。

f:id:Doraneko1986:20160312173034p:plain

↑何故かいきなり現れた井戸。ぽつんと置いてあった。

 

服を脱ぎながら、

あ~、相部屋の人が嫌な人なら泊まるのヤだなぁ……

なんで別々にしてくれないんだよ!

あのおしゃべりオヤジめ!!(# ゚Д゚)

 

と、宿のおっさんに対しての怒りがメラメラと湧き上がる。

そんなことを思いながら湯船に浸かると、すぐに風呂を出ることにした。

f:id:Doraneko1986:20131214183206j:plain

↑こちらも大きな門。さっきの門とは違って堂々と構えている

 

部屋に上がって着替えると、戸口が開く音がした。

そして、あの人に出会ったのだ。

f:id:Doraneko1986:20160312173046p:plain

振り返って見ると、その人は手にコンビニの袋を抱えた姿で立っていた。

 

Tさん「あ、ど、どうも(´・ω・`)」

わし「あ、ちわー。あの、今晩はお世話になります(;´∀`)」

 

お互いぎこちなく挨拶を交わした。

それがTさんとの初めての出会いだった。

 

初めての人と意気投合。

f:id:Doraneko1986:20160312173054p:plain

はじめは緊張した。

なにせ今まで見ず知らずの人と、相部屋になったのだ。

相手がとどういう人なのかもわからないから話もしづらいのであるw

 

なんとなくお互い気まずい雰囲気を感じつつ、自己紹介をした。

T氏は今まで務めていた会社を辞め、自転車一つで日本一周に挑戦しているナイスガイなのだ。

なんだかまるで高校一年の時まだ仲良くなっていないクラスメートたちと泊まった林間学校の時みたいだw

f:id:Doraneko1986:20160312173124p:plain

Tさん「旅行者ですか?(^^ゞ」

 

お互いどちらともなく名乗り始めると、自分たちが一人旅をしている者同士であることがわかり、ほっとする。 

ただ違うのはTさんは東京から自転車に乗って、わしは静岡から徒歩電車で日本中を周ろうとしていることだ。

f:id:Doraneko1986:20160312173107p:plain

そこから後は早かった。 お互いツライ旅路をゆく者同士。

自身の旅の話に華が咲くのには、さして時間はかからなかった。

f:id:Doraneko1986:20160312173132p:plain

 Tさんは結構旅慣れた、というか冒険慣れした人で、それまで色んな山などを登山したこともある登山家でもと話してくれた。

以前から山登りに興味があるわしはそんなTさんの話が熱心に聞いた。

そしてそれに吊られるようにTさんは自身の冒険を沢山語ってくれた。

f:id:Doraneko1986:20160312173139p:plain

Tさんは自身が富士山に登って恐ろしい目にあった体験談を語れば、わしは分杭峠でひどい目にあったことを語った。

 

そうした話の盛り上がること盛り上がることw

二人とも面白可笑しく話合い、その日の話は大いに盛り上がった。

ああ…そういえばこんなのも久しぶりだ。

わしはこうした旅の思い出を語り合える友を求めていたのだ(*´∀`*)

 

縁は異なもの味なもの?

f:id:Doraneko1986:20160312173146p:plain

それにしてもさすがTさんは話が上手い

元々不動産会社に務めて営業をしていただけあって、初対面なのに会話ベタなわしと話が途切れることなくどんどんおしゃべりは進んでいく。語り明かすことはお互いいっぱいあった。

f:id:Doraneko1986:20160312173152p:plain

思えば孤独な旅だった。

それまでのわしは、見るものといえばもっぱら風景神社仏閣建築物ばかりで、その感動誰とも分かち合わず一人でここまで進んできたのだ。

f:id:Doraneko1986:20160312173159p:plain

ワシ自身飢えていたのだろう。

 

人と話すことに。

これまで孤独に重いバックパックを背負って旅をしてきた辛さを、誰かと分かち合うことにも。

 

わしは全国の神社仏閣を周っていて、どの神社でもいつもあるお願いをしていた。

それは、

どうかこの旅が、良い人と出会える「御縁」がありますように。 ということ。

 どこの神社にいっても、わしはただこのことだけを願い続けていた。

f:id:Doraneko1986:20160312173212p:plain

 「御縁」というものは、なにも男女の仲だけのことじゃない。

これから生きていく上で、巡りあうであろう素晴らしい人達に「出会う」ことも大切な「御縁」なのだ。

 

「縁は異なもの味なもの」

 

Tさんとの出会いはまさにそれだった。

その日のTさんとの会話はどこまでも楽しく、お互い過酷な旅を乗り越えてきた者同士、いつまでしゃべっていても飽きなかった。

なんだか長年親しんだと話しているような気持ちになれた。

 

スポンサーリンク

色んなことをしているTさん

f:id:Doraneko1986:20160312173221p:plain

年も近いこともあってか、なんとなくお互い心の中で認め合いつつ、自分の今までの人生のことなどもポツポツ話し始める。

 

わしも今までの経緯と、バイトクビになり、世の中の企業に不信感を持ったわしは、自分のために見聞を広める旅をしてみることを決意した話をした。

 

黙ってわしの話を聞くTさん。

そしておもむろに今度は自分のことを語りだした。

f:id:Doraneko1986:20160312173228p:plain

Tさんは、身長は180cmはあり、顔もイケメンでなかなか感じのよい好青年

 

まさに見た目、THE・ナイスガイと言っていい好青年。

 

そんなTさんは今まで勤めていた不動産会社年収1000万円も貰いながら働いていたが、自分の仕事に疑問を持ち、上司や同僚の反対を押し切って、会社を辞めることにしたのだという。

f:id:Doraneko1986:20160312172729p:plain 

 

わし「い、いっせんまん……(;´Д`)ゴクリ」

 

そんな大金を手に入れられる会社を、いともあっさり辞められるなんて、この就職難にニートが聞いたら怒ってくるぞ!w

 

大学を卒業してからその会社に7年も勤めあげ、お金だけは沢山手に入るその仕事が、Tさんにはどうしてもしっくりとこなかったらしい。

何度も辞めようかと思ったが、そのたびに上司に引き止められ、同僚には相当バカにされたらしい。

 

それでもTさんは曰く上司に

「いや、お金だけが人生じゃありません!(; ・`ω・´)」

 

と、言い放って会社を辞めたという。

わしはびっくりして、口をあんぐり開けて声も出せなかった。

 

そ、そんな、まさか。

そんなトレンディードラマみたいなカッコイイ人がホントにいるのか

わしはこの思い切った行動をしたTさんを尊敬の目で見つめていた。そんなTさんの心意気に心底男気を感じるわしなのだった。

f:id:Doraneko1986:20160312173245p:plain

そしてTさんは今度は年収1000万の仕事よりも、給料は安いけれどやりがいのある小学校の先生になるつもりだという。

 

エライ!

 

こういう大人にどんどん先生になってもらいたい!

 

「人生は金だけじゃない!」

 

手垢のついた陳腐なセリフのように聞こえるかもしれない。

東日本大震災を迎える一昔前の日本人なら、多くの人がこう思っただろう。

しかし、震災後は物質的価値観から目覚めた多くの若者が、もっと精神的なものへ目を向けようと目を覚まし始めたのだ。Tさんはその内の一人なのである。

 

こんなことはなかなか言えない。

世間の大人はよく建前でそう言うが、Tさんは自分の経験から本心から言っている。

こうしたことを声高に叫べる立派な大人に、この国の未来を担う子どもたちを教え導いていってほしい。

そしてどんどんこうした大人が世に出て行って活躍してほしい!

f:id:Doraneko1986:20160312173253p:plain

それにしてもTさんは言う。

 

「…なんて偉そうなこと言ってるけど、今は無職だからね。

それに所得税は去年の分で来るから税金が毎月高くて大変だよw」

 

Tさんは毎月去年の年収分の税金30万円(!Σ(゚д゚lll)ガーン)

も払っているらしい。

 

「無職で30万キツイよ。まぁ、今まで稼がせて貰っていたからしょうがないけどね」とTさんは笑っていた。

f:id:Doraneko1986:20160312173300p:plain

そんなTさんもこの旅が終わったらまもなく結婚するという。

 

Tさんは結婚を約束した人と、「今しかできないことをやりたいから」という理由で、披露宴を恋人にガマンしてもらって「今しかできない」一人旅を自転車に跨がり全国を周っている。

 

そして恋人は彼の帰りを今でも優しく待っていてくれているという。

f:id:Doraneko1986:20131214183250j:plain

そしてTさんは東日本大震災で被災した被災地にも、何度かボランティアに出かけたらしい。

被災地に出かけて行って汗を流し、自分の考えが間違っていないことに、決意を新たにしたという。

 

すごいな、この人は。(゜o゜;

 

こんな完璧な人がいるのか。そんな話を聴けば聞くほど思わずそう思った。この記事を読んで読者の方々にも、「本当にそんな奴がいるのかよ」と思われる方がいるかもしれない。

 

でも、現実にいるのである。

このTさんとの出会いは、でも、作り話でも、釣りでもない。

本当の話である。

 

今の世の中に、ホントにこんな熱い正義感熱い魂をもったナイスガイがいるのだ!

 

わしはとことん自分が恥ずかしくなった。(つд⊂)エーン

そしてTさんがますます好きになった。

 

神の味噌汁

f:id:Doraneko1986:20131214184013j:plain

よく、旅はおいしいものを食べることだとか、素晴らしい景色を見ることだとか、そういったものを楽しむことがだと思われがちだが本当はそうじゃない

 

とは、良い景色食べ物に触れることなどではなく、素晴らしい人たちと出会うことが一番のなのだ。

 

その宝はまさしく「」というものだろう。

 

そうした「御縁」は神の味噌汁、

じゃなかった神のみぞ知るものだろう。

 

そうした神の味噌汁を飲めるかどうか、素晴らしい人達に旅先で出会えるかどうかが、旅を素敵なものにできる大切なことなのだ。

 

 

こうしてTさんとわしは、お互いに連絡先を交換し、次の日別々の道にそれぞれ旅立っていった。

 

Tさんはに、わしは西に。

 

そういえば以前立ち寄った出雲大社が、確か縁結びの神様だった。

もしかしたらこのTさんとの出会いも、この出雲の神様が与えてくださった「御縁」かもしれない。

 

ありがとう神様。ありがとうTさん

 

この場を借りて、お礼を申し上げます。

素晴らしい人との出会いに感謝です(*´∀`*)

 

doraneko-travel.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

Copyright (C) 2013-2017 Doraneko All Right Reserved.