ドラねこ旅日記

ぼんやり村が産んだ「蒼き流星」ことドラねこが、旅の話やランニングについて語るブログ

素晴らしき萩!京都が失ってしまった旅情がここにある

スポンサーリンク

ドラねこ素晴らしき萩

ちわ~!ドラねこです。(=´▽`=)ノ

皆さん最近一人旅してますか?

 

「一人旅・後半戦」5日目

前回は萩での素敵な出会いを紹介しましたが、今回も山口・萩をご案内します!

スポンサーリンク

山口観光2 武家屋敷の中を覗いてみた

f:id:Doraneko1986:20131214183250j:plain

6月の晴れた日。通りは心地よい風が吹いていた。

正直ここに来るまでになんて興味はなかった。

幕末の志士たちを多く排出した城下町であることも知らなかったし、萩がここまで風光明媚な素晴らしい城下町だということも知らなかった。

ここはどこも気持ち良いくらいに清潔で、いたるところに観光客を見かける。そんな町なのに騒がしくない程度に繁盛していた。

観光地でありながら静かに街を散策できる趣のある街。

今の外国人観光客がわんさかやってくるようになってしまった京都あたりではもう見ることのできない景色がそこにはあった。

 

昨夜は同じ旅仲間のTさんに会えた。

そんなわしはこの日一日、一人で朝早く萩のあちこちを巡り歩くことにした。

f:id:Doraneko1986:20160326181400p:plain

せっかくだから武家屋敷ののひとつを覗いてみようと思い、入場料を払って中に入る。

f:id:Doraneko1986:20160326181351p:plain

中は昔ながらの和風な部屋に綺麗な中庭が見渡せる素晴らしい造りになっていた。室内はどこまでも質素

昔の日本人の背丈にあわせて作られているからだろう。現代人のわしには少し狭くて全てが小さい感じがする。

f:id:Doraneko1986:20160326181422p:plain

横を見ると5月の節句の名残か6月なのに小さな鎧が飾られている。

こういうのが子供の頃家にあったら嬉しかったろうなぁ(;´∀`)

 

中庭

f:id:Doraneko1986:20131221173907j:plain

家の中央に進むと小さいながらも立派な岩と井戸が迎えてくれる。

f:id:Doraneko1986:20131221173957j:plain

なかなか立派な作りだ。

でも、当時の人はホントにこんな庭にしていたのかな?

f:id:Doraneko1986:20160326181441p:plain

 廊下は質素な武士の家らしく、狭いながらも未だに使える様子。

この廊下がけっこうきれいに磨き上げられている。

f:id:Doraneko1986:20160326181447p:plain

いわゆる縁側なんだろうけど、今はもうこんなものが残っているうちはほとんどないだろうなぁ…

f:id:Doraneko1986:20160326181500p:plain

まだ奥がありそうなのでそっちの方へ移動してみる。

f:id:Doraneko1986:20160326181515p:plain

見方を変えただけでいろんな表情を見せてくれるおもしろい庭だ。

 

米蔵

f:id:Doraneko1986:20160326181531p:plain

見るとらしきものが見える。一応あそこも入れるらしい。

せっかくだ。見てみよう。

f:id:Doraneko1986:20160326181541p:plain

中に入ってみるとなんにもない。その代わりに床下にが開いていた。ここにいろんなものを貯めこんで暮らしていたんだろう。

忍者とかも潜んでたりしてw

f:id:Doraneko1986:20160326181550p:plain

廊下を曲がって奥を更に見てみる。

f:id:Doraneko1986:20160326181558p:plain

床の間にちょこんと、可愛らしい花が活けてあった。

うーん、わびさび!ヽ(=´▽`=)ノ

 

奥庭

f:id:Doraneko1986:20160326181615p:plain

もう一つ、奥の庭。

f:id:Doraneko1986:20160326181631p:plain

それを別の角度で見た図。渋いですねw

石灯籠がキマってる!

 

台所

f:id:Doraneko1986:20160326181643p:plain

別の部屋へ行くとそこは台所につながっていた。

f:id:Doraneko1986:20160326181650p:plain

うわぁ〜、いろんな入れ物がある。

これに酒を入れたり醤油をいれたり、いろんな調味料をいれて使ったんだろうなぁ…

f:id:Doraneko1986:20160326181657p:plain

カマドは不自然なほど綺麗になっている。

今ではあたりまえだけど使われなくなって生活感がなくなってしまった感じだ。

 

幕末の志士たちと「関係ない」春日神社

f:id:Doraneko1986:20131221174508j:plain

トゥース!

 

春日神社なるものにやって来たよ。

歩いていたらなんとなく出会ったので撮ってみた。

中はまぁ普通の神社で、幕末の志士達とは別に関係ないらしい

 

なんだ…てっきりこんな堂々と道の途中に建ってるもんだからなんかゆかりのある神社かと思った。

ちぇっ…

なのでお参りしたら早々に帰ろうと、思ったら神主さんが出てきてなにやらわしにこの神社のパンフなるものをくれた。

 

う~ん、親切な神主さんだ。

でも、神主さん、ありがたいんだけどこれ難しくて読みにくいよ(;´∀`)

大体ひと通り武家屋敷をみたようなので、今度は商店街の方へ歩き出す。

 

変な像がいっぱい

変な像Part1

f:id:Doraneko1986:20160326181717p:plain

すると通りのウチのお店の前に何やら変な銅像(?)が建っている。

 

なんだこれ?(゜o゜;

 

よく見ると金ピカだ。

ものすごく高そうだけど、こんなもの店先に置いて大丈夫か?

しばらく歩いていたら他の店にもチラホラと同じものが置いてあった。

 

???(´・ω・`)

 

萩ではこの銅像を置くのが流行ってんのかしら?

それとも何かのおまじないかしらん?こういったものを街のあちこちでけっこう見かける。

 

またしばらく歩き出すと今度はもっと変なモノを見かけた。

 

変な像Part2

f:id:Doraneko1986:20160326181748p:plain

ある喫茶店?の前にあった謎の楽器を吹く像

 

こ、これは…

一体なんですか?(;´∀`)

 

な、なんか、今まで情緒あふれる町が続いていたのに、いきなりこんな変なモノが出てくるなんて…おもしろいけどちょっと戸惑う。

こんなの置いて景観が損なわれないのだろうか?

周りの近所の人に怒られないのかな? 

古き良き景観と、奇抜で先進的なモノの2つを楽しめる萩の城下町奥が深い。(;´∀`)

 

萩の商店街は、フツーでした

f:id:Doraneko1986:20160326181757p:plain

城下町を抜けて今度はしばらく商店街を歩く。 

歩いてみるとわかるけど、ここは普通の商店街。

奇抜な銅像や趣のある武家屋敷はない。至って普通だ。

 

それにしてもお腹がすいてきた。

どっかでなんか食べようーっと。ヽ(=´▽`=)ノ

 

商店街を抜けた先にあった大型スーパーで弁当を食い、車通りの多い通りのお店が密集している所で本屋さんによる。

地図を買ったらもう今日中に次の目的地のために萩駅へ向かう。

f:id:Doraneko1986:20131221174556j:plain

おおー!

この川の眺めもなんてことない景色のはずなのに新鮮に映る。

f:id:Doraneko1986:20160326182733p:plain

気持ち良いなぁ!

ホント萩にはこのままずっと居たい。

ここは穏やかな空気が流れていて、良い具合に昔の趣現代とが見事に調和していて、ものすごく過ごしやすい町になっている。

旅人にとってはすごく居心地が良い。

ここはほんとうに素晴らしい街だ!

 

できれば幕末の志士たちが集った松下村塾とか、吉田松陰の家とかをもう一泊してじっくり見たいけど、なにせもう時間がないので泣く泣く次の目的地を目指すことにする。

 

ああ、萩よ。ごめんよ

また必ず戻ってくるからどうかその日まで待っていておくれ!(´;ω;`)

 

スポンサーリンク

萩駅

f:id:Doraneko1986:20160326181831p:plain

萩駅(はぎえき)は、山口県萩市大字椿字濁渕にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線

「萩駅」を名乗っているが、萩市役所へは隣の東萩駅のほうが近く、またかつてこの区間に運行されていた特急・急行列車も東萩駅に停車し、当駅は通過していた。JTB時刻表でも萩市の中心駅は当駅ではなく東萩駅としている。

相対式ホーム2面2線の構造を持ち、交換設備を備えた地上駅。駅舎は上りホーム側にあり、現在鉄道記念館(資料館)となっている。下りホームへは益田寄りの跨線橋で連絡している。長門鉄道部管理の無人駅となっており、自動券売機等の設備はない。

                   萩駅 - Wikipedia

萩駅について驚いた。

 

な、なんだこの駅は!Σ(゚д゚lll)ガーン

 

いきなり目の前に大正ロマン溢れるレトロな建物が現れた。

こんなものが堂々と未だに残っているがますます好きになってしまう(*´∀`*)

f:id:Doraneko1986:20160326181845p:plain

またこの内装の薄いライムグリーンな色が可愛らしい。

目の前の赤いつつじと見事な対照を為している。

f:id:Doraneko1986:20160326181957p:plain

ここだけ明らかに「時」が止まっている。

f:id:Doraneko1986:20160326181854p:plain

 

 見よ!この電話ボックスを!

 

今どきこんな電話ボックス他にないよ?!

よくは大正ロマンに溢れている所は他にもあるけど、電話までレトロな駅はここくらいである。

 

この写真をよく見てもらえばわかるが、中に古い電話があえて置いてあり、その横に今の新しい緑の電話があるのだ。

うーん、この芸の細かさ。すごいですね(*´∀`*)

f:id:Doraneko1986:20160326181906p:plain

中もこんな感じ。大正の雰囲気そのままに現存している。

f:id:Doraneko1986:20160326181914p:plain

時間もアレなのか人はあまりいない無人駅

それでも穏やかで懐かしい雰囲気が流れている。

f:id:Doraneko1986:20160326181921p:plain

奥へ進むと中が博物館のような展示物を飾っている。

この駅の発展の歴史のようだ。

f:id:Doraneko1986:20160326181933p:plain

この古びた改札もまた良い味を出している。今はもうこんな味のある駅はほとんどない。

すごいな、ホントに大正時代そのまんまですね。

f:id:Doraneko1986:20160326181943p:plain

またしても、最後の最後になって萩が好きになってしまった。

f:id:Doraneko1986:20131221175101j:plain

この駅の雰囲気は素晴らしい。

もっとこうした物は後世に引き継がれていって欲しいですね。

f:id:Doraneko1986:20160326182007p:plain

階段を登り、九州へ向かう電車が来るホームへ歩いて行く。

f:id:Doraneko1986:20131221175111j:plain

名残惜しさを覚えながら次の電車が来るのを待つ。

駅のベンチに荷物を下ろし、水筒のお茶を飲みながらほっと一息ついた。

思い返してみれば、ホントに素晴らしい町だった。

 

Tさんとの出会い。

素晴らしい武家屋敷の町並み。

そして今でも残る古き良き時代の空気。

 

全てが良い思い出である。

我々日本人が急激な近代化の波に呑まれ、忘れてしまった大切な情景が今でもここには存在しているのだ。

f:id:Doraneko1986:20131221175122j:plain

萩。

ありがとう、また来るよ。

 

そうつぶやいて、わしは次の目的地へと向かった。

 

doraneko-travel.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク

Copyright (C) 2013-2017 Doraneko All Right Reserved.